KWAパスポートシリーズ アンコール①
県立都市公園巡り(#12)

湘南海岸公園
自由歩行
2017年
9月02日(土)

天気:雨のちくもり晴れ 参加者:191人 距離:10km、18km
コース: ①奥田公園→観光センター→湘南海岸公園→ニエアル記念碑(10km・18km分岐)→
サーフビレッジ(①ゴール)→
②長久保公園→引地川親水公園→天神公園(②ゴール)

奥田公園前歩道橋前で出発式には雨止む また降出した雨の中を出発
雨の中の境川沿い 江ノ電鉄橋に電車が通過
正面に江の島が見える頃には雨上がる 片瀬橋手前でCP
湘南海岸公園 富士山は雲の中 江の島を望む
ニエアル記念碑前 10km,18km分岐 鵠沼歩道橋から江の島
長久保公園の花壇 晴れてきた 親水広場
高名橋付近 引地川親水公園 すっかり青空になる
引地川親水公園 桜並木 水道橋と秋の空?
石川の水田地帯 ゴールの天神公園

写真:石井


KWAの県立都市公園巡り(#12)は、湘南海岸公園をめぐるウオークである。
9月最初の例会は、台風15号の影響で、朝は雨が降っていたが、出発式が始まるころには、雨がいったん上がったがまた降出し、出発する頃には雨具を身につけ、傘をさして、9時20分ころ出発した。今朝は気温も低く、10月中旬以降の気候となり、ウオークには歩きやすい。

境川左岸を雨具を身につけ、また傘をさしたりして下り、新屋敷橋から自由歩行となり江の島が見える頃には、雨も上がり地下道をくぐり片瀬橋前でCPを受ける。片瀬漁港突堤はコース変更によりカット、湘南海岸公園に入り階段護岸の遊歩道を行く、砂浜には海の家が建てられ、中は片付けて解体するだけのようだ。
ボードウオーク(海風のテラス)当たりから、砂浜も見えほとんど人はいなく、海では台風の余波で大きな波が押し寄せサーファで大賑わい。残念ながら富士山は雲に隠れて見えない。
サーフビレッジ前の砂浜では、ビーチバレーが盛んだが、今日はミニビーチサッカー?が行われてた。約2kmの遊歩道の眺望を楽しみ、鵠沼橋前のニエアル記念碑で10kmと18kmの分岐となり、10kmの人達はサーフビレッジの水の広場がゴール、最寄りの鵠沼海岸駅へ向かう。

18kmの人達は、鵠沼歩道橋を渡り引地川右岸を上がる。天候は西の方から青空が見え始め、風は少し強めだが気持ちよい。長久保公園により花のプロムナード(花壇)を眺めるが、端境期らしく見栄えしない。青空が広がり陽が当たってきた、日射しは強いが日陰は爽やかで気持ち良い。引地川親水公園は、休日家族ずれで賑わうが、朝の雨のせいか静かだ。ここでCPを受けるが、参加者が少ないためスタッフの人も手持ち無沙汰のようだ。空はすっかり青空に覆われ、木陰のベンチで昼食をとる。

12時前には、縦長の公園を抜けて、交通量の多い新石川橋をスタッフの助けで横断すると、石川の水田地帯で稲穂が垂れ始め、順調に育っているように見えるが、実態はどうか。秋本橋で引地川と別れ緩やか坂を上がると、ゴールの天神公園に到着、最寄りの六会日大前駅に向かった。
(石井邦敏)